離婚をお考えなら弁護士などの専門家に相談を

夫婦関係が残念ながら破綻してしまったときに離婚という形を取らざるを得なくなりますが、財産分与や慰謝料などお互いで協議して決めなければならないことはたくさんあります。

しかし今後の人生を見据えて冷静に話し合わなければならないこれらの事項も、つい感情的になってしまってのちに後悔してしまうこともよくあることです。




特にこどもがいる家庭であれば、養育費などこどもの成長に関する取り決めをしっかりとしておかなければ大切なこどもの人生にも禍根を残してしまうことになります。


さらに離婚の際に取り決めた事項は確実に履行されなければ意味がありません。



ただ協議離婚では多くの場合当人同士の話し合いですべて決めてしまうので、いくら慰謝料や養育費に関して取り決めをしても口約束ではまったくといっていいほど強制力はありません。



約束を反故にされることもしばしばです。

また相手方の生活環境の変化も約束の履行には影響を与えます。

したがって離婚後の人生を安心で有意義なものにするためには、弁護士などの法律の専門家に事前に相談することをおすすめします。
離婚問題を豊富に扱っている専門家であればスムーズな協議をおこなうためのアドバイスや、協議事項の確実な履行を促す方法を教えてくれるでしょう。



費用が気になるのであれば行政などが催す無料相談会などを利用するのもひとつの方法です。



新しい人生の一歩を踏み出すためにもまずは相談をすることから始めてみてはいかがでしょうか。


http://www.jtsa.or.jp/
http://tomiben.jp/
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi