ねずみ退治でねずみに同情してはならない

ねずみ退治で稀にあるのが、ねずみに同情してしまうことです。


ねずみも良く良く観察すればハムスターのような愛くるしい顔をしています。
特にミニチュアサイズで、小さければ小さい程可愛らしく見えます。


人間がねずみを退治する時に躊躇してしまうのも致し方ありません。
しかし、ねずみの害は止まることを知らず、可愛そうだからと、ねずみを発見しても逃がしてしまう気持ちを持ってしまえば、それはねずみの思う壺です。


調子に乗ったねずみは次々と繁殖を繰り返し、住み着いた家を我が物顔で闊歩するようになってしまいます。

自分の家の支配者のように振る舞うねずみは家の持ち主の同情心を逆撫でするかのように活動をします。こうしたねずみ達の行動を考えれば、一切同情する必要はありません。

今、評判なのはこちらの日本経済新聞の情報はこちらのサイトです。

早急に人の気持ちを理解しようとしないねずみを退治するべきです。
ねずみ退治では毒入りの餌を置いて退治するやり方と忌避剤を用いてねずみを家から追い出すやり方があります。



ねずみに同情してはなりませんが、やはり命まで取りたくないと考える人には忌避剤を用いて家から出てってもらい、今後も家に侵入させないようにしなければいけないです。

ねずみの大嫌いな臭いを放つ忌避剤はねずみに不快感を感じさせ、忌避剤を用いている間は家に一切近寄ることはありません。



ねずみ退治では時に非情にならないと、家が不潔なねずみによって滅茶苦茶になるので、同情をするようなことは避けるべきです。