ねずみ退治に有効な様々な方法

家の中や繁華街の飲食店などでは、しばしばねずみによる被害が発生することがあります。


ねずみは人間の暮らしに非常に密着した害獣の一つで、人間の食べ物を狙うだけでなく、家の中などを住まいとして棲みついてしまいます。ねずみは繁殖力が強いため、ねずみ退治の対策をとらずに放置しておくとどんどん数が増えてしまい、ますます対策が困難になってしまいます。
そのため、ねずみの被害に気づいたらすぐに行動を起こすことが大切です。



ねずみ退治をすぐに始めるというのであれば、市販品のねずみ退治グッズを使用するのが有効です。代表的なものとしては、ねずみを捕まえる捕獲器と、毒餌によってねずみを薬殺する殺鼠剤が挙げられます。
どちらもねずみの数を減らすのに有効ですが、効果的な仕掛け方をしなければ中々成果を上げることが出来ません。捕獲器は、バネ式や金属製のものなど、繰り返し使えるものの他、使い捨ての粘着タイプのものがあります。

東京新聞をわかりやすく説明しています。

バネ式や金属製のものはコストパフォーマンスに優れていますが、金属の臭いなどから警戒されることもあるので、手軽さではやや劣ります。

粘着タイプのものは、設置も簡単で置き場所も選ばないという利点がありますが、使い捨てで費用がかかるのと、捕獲したねずみの処分方法も考えなくてはなりません。殺鼠剤もねずみを減らすのに有効ですが、家の中の目につかない部分で死んでしまう事があるので、死骸を探さなければならないという問題もあります。

特に屋根裏や床下などで死んでしまい、腐敗して悪臭や虫などが発生してしまうこともあるので注意が必要です。