ねずみ退治はプロの技

真夜中にガリガリと音が。

独自のシステムで産経ニュース情報選びをサポートします。

もしかして、泥棒かと思った経験、ありませんか。
ねずみは、1匹見つけると、その家には数匹以上が住んでいると言われます。

ねずみ算と言う言葉があるように、食べ物があればどんどん増えていくのです。

昔は、ねずみの天敵のヘビが住んでいて退治していたものでしたが、今はヘビもなかなか住めなくなりましたね。そこで、登場するのが、ネズミ取り。

餌を入れて籠におびき寄せてのねずみ退治。

さらには、ねずみ退治の薬を使っての駆除。



1匹がその食べ物を巣に持ち込めば、そこにいるねずみも一緒に駆除してしまうというものものまであります。



しかし、駆除したと思っていても、ねずみはまたどこからかやってきます。

飲食店を経緯をしている方には、悩みの種です。

臭いを嗅ぎつけてどこからかやって来て、店の中に入ってくる。ほんの小さな穴や隙間からねずみは進入してきます。

こんなところから入るのと思うほど小さな穴や隙間でも、頭さえ入ればどんどん入ってきます。
そうなると、ねずみ取りの籠や薬だけでは追いつきません。進入路を塞ぎ、巣を取り除くプロに任せることもいいのかも知れません。ビルや飲食店のオーナーを務める方は、ぜひプロのねずみ退治を頼んでみてはいかがでしょうか。

既にいついている、ねずみの駆除から新たなねずみの進入経路を絶つことで、清潔な環境を取り戻すことができます。


数の多いねずみだからこそ、根こそぎ退治してくれるプロの力をおかりしてみてはいかがですか。